キャッシングのキ!!!

キャッシングはバレる?

「キャッシング」と耳にすればイメージがあまり良くない状況ということは否めません。その結果、消費者金融などでキャッシングをしていることを、絶対にバレたくないという声は多く聞くことができます。もっといえば、インターネットなどで「キャッシング バレない」の検索ワードが上位に顔を出していることからも、秘密にしたい心内を垣間見ることができます。

 

さて、そんなインターネットの検索結果に記載されている情報を見てみると、多くの場合は「バレないから大丈夫」と目にします。ここでは、本当にバレないものなのか?についてお話をしていきたいと思います。

 

 

確かに業者は細心の注意を払ってくれる

ネット上にある情報で「バレないから大丈夫」と記載している真意は、業者側が細心の注意を払ってくれているという意味です。確かに、消費者金融業者は、在籍確認を取るときには絶対に業者名を出さずに連絡をしてくれるため、バレないといえます。他にも、利用明細書は送付せずにインターネット上で済ませてしまうなど、さまざまな対応を取ってくれています。

 

ただし、敢えて表現をするのであれば「バレない可能性は十分ある」の方が正しいような気がします。

 

要は、確かに業者側が細心の注意を払ってくれているため、バレにくい状況ではあります。が、しかし…バレるときにはバレるということです。

 

どういうことか?次から説明していきます。

 

 

バレるのは入会時だけじゃない

バレるタイミングとは、何も入会時(申込時)だけではないということ。

 

例えば、返済をうっかり忘れてしまい、督促状が郵送されてしまったなんてことで、バレてしまうことはよくある話です。他にもキャッシングの融資額が大きすぎて、自動車ローンなどのローン関係が利用できなく、理由を聞いたらバレてしまった。と、このように、いくらでも明るみに出てしまうケースがあります。したがって、絶対にバレたくない方は、利用中も細心の注意を払って人知れず完済させるようにしたいところですね。