キャッシングのキ!!!

利用年数が長ければ金利交渉できる!

消費者金融業者からキャッシングをしたとしても、金利が高くなかなか完済ができないと悩んでいる方は大勢いらっしゃいます。そういった方に朗報です。

 

成否は別として、実は「金利交渉ができる」って知っていましたか?ここでは、このキャッシングの金利交渉についてお話をしていきます。

 

消費者金融業者も鬼ではありません!

そもそも消費者金融業者は "健全な一般企業" です。

 

消費者金融と耳にすると条件反射で、暴力団が運営している業者が融資を行っており、法外な金利と法外な取り立てをイメージする。このような方は、多くいらっしゃるかもしれません。しかし、それは間違ったイメージのため、一新していただければ幸いです。(暴力団などが融資をするのは、いわゆるヤミ金と言われるもので、そもそも法律で許されてはいません)

 

伝えたいのは、消費者金融業者は健全な企業なため、しっかりと聞く耳を持っているということ。

 

例えば、返済が滞ってしまいそうなとき、相談すれば、何かしらの対策、そして対応をしてくれるはずです。その他にも手広く相談に乗ってくれるため、どうしてもキャッシングの元本が減っていかず金利が厳しいとなれば、その旨を伝えることで金利交渉が可能な場合も。

 

長い付き合いをして優良な顧客(返済は一度も滞らずしっかりとしている)であれば、意外と引き下げに対応してくれることもあります。ときとして、申込時に「少し金利が厳しいです」と伝えれば、場合によっては多少なりとも引き下げてくれることもなきにしもあらず。ダメ元で伝えてみるのも1つの手かもしれませんね。ただし、あまりにもしつこいと信用を失ってしまい逆効果になることもあるので、ほどよく交渉するのが重要です。

 

金融業は「特に顧客を大切にする」業種

なぜ会社の利益が減るのに金利の引き下げに対応してくれるのか?と不思議に思いませんか?理由の1つに、消費者金融業者が顧客を大切にすることが挙げられます。

 

厳密には、キャッシングという敷居を低くしたいがために、出来る限り顧客によいイメージを持って欲しいという本音があります。だからこそ、現実的に完済ができるような状況を作ってあげることは業者にとっても非常に重要なことになります。その結果が、この金利交渉を受け付けるというわけですね。

 

ともあれ、金利が高いなと思ったのであれば「優良な顧客」という前提条件はありますが、相談・交渉をしてみるとよいかもしれません。